iPhone修理

iPhoneのバッテリーの消耗と水没

スマホ

以前、iphone5sを使用していたとき、電池マークがまだあるのに急に画面が真っ暗になるようになりました。既に長く使用していたので、バッテリーの寿命かなと考えましたが、充電すればまだ使えるようになるのでしばらく充電しながら使用していました。その後、電池の減りが非常に早くなり、電池マークがすぐに残り1%になってしまう症状が現れました。
それでも、表示は1%になっているのですが携帯の操作などには不自由しなかった為、そのまま引き続き使用しました。そうすると次第に画面が真っ暗になる症状が頻発するようになり、まだバッテリーが残っている状態であっても画面が突然真っ暗になってしまい、その後起動しないような症状がでるようになりました。
それでも何も携帯を触らなければ通話は普通に使える状態なのと、コンセントから充電さえできれば、また使えるのでしばらく引き続き使用していました。その後、誤ってマグボトルの蓋があいていたカバンの中にiphoneを水没させてしまい、起動ボタンを押しても起動しないようになりました。この時点で、ドコモショップに出向き対応をお聞きしたところ、再起動しないようであれば買い換えたほうがいいというアドバイスを頂き、iphone7に買い換えを致しました。7は防水機能もついているので、比較的安心感がありますね。

イチオシ記事

  • iPhone

    iPhone修理はお早めに

    携帯電話は今では死活問題になるほど重要な道具として認識されています。それはiPhoneにもいえることであり、壊れてしまったらすぐに修理に出すようにしましょう。明確に故障というわけではないとしても…

    もっと詳しく

ピックアップ

記事リスト